【ログハウスの魅力】


7つの魅力とは?その1
7つの魅力とは?その2
7つの魅力とは?その3
どんな種類があるの?
耐久年数は?
どうやって造る?
セルフビルド作業の流れ
施工業者の探し方
別荘地でないとダメ?!

 

 

マンション メリット デメリット

 

 

【ログハウスを楽しむ】


気軽にを楽しむ
レストラン
子供が遊べる
開放感溢れる
釣りができる
バーベキュー
川遊び
ペットと泊まれる
貸別荘
農業体験

 

 

 


賃貸 デメリット

ログハウス.com − 建築とセルフビルド(自作)用ログハウスキット販売のメーカー比較サイト
HOMEへ

4.どうやって造る?

 

ログハウスを作りたい」という情熱はあるものの、まずどこから手をつけていいかわからない…という初心者さんは多いもの。誰だって最初は初心者、わからないことは経験者や師匠に聞け!ということで、全国には作り方を教えてくれるログスクールがあちこちで開校しています。

 

1日だけの授業で終わるものや、数日間泊まり込みで学ぶものなど、スクールによって内容はさまざま。現役のログビルダーが直接教えてくれるスクールや、小規模なハウスを実際に製作させてくれるスクール、実践と座学でしっかり教えてくれるスクールなどなど…。中には、卒業後は無料で何度でもスクールに参加できるという太っ腹なところもあります。また、建築の際にはチェーンソーの出番が多くなりますが、危険な刃物であることも事実。実際の作業前に、多少は慣れておいた方が安心です。

 

「まだ一度もチェーンソーに触ったことがない」という人は、こういったスクールで前もって練習しておくといいかもしれませんね。一度体験しておくと実際の作業を行うときに感覚をつかみやすいですよ。チェーンソーやサンダーなどきれいに作業を行うにはコツが必要な道具も多いです。こういった道具を使用する機会があれば、どんどん使ってみることをおすすめします。指導者からアドバイスを受けられる機会は貴重なので、一度はスクールに参加してみると、いい経験になるはず。

 

もちろん、「ログスクールに通わなければ建てられない」ということはありません。自分の好きなように建築できるというのがログハウスの醍醐味なので、試行錯誤しながらとりあえずやってみるという方法もあります。ただ、スクールに通うことで「自分の手で作りたい」という同じ志を持った仲間と出会えることが貴重な財産になるかもしれません。

 

<<<耐久年数は??

セルフビルド作業の流れは?>>>